東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > どんぐりプロジェクト > どんぐりプロジェクト2019 in 狭山丘陵 活動報告

どんぐりプロジェクト®

どんぐりスクール

  • 2019年春in狭山丘陵
  • 2018年春in狭山丘陵
  • 2015年春in長野
  • 2014年夏
  • 2014年秋

社内活動

  • ワークツアー
  • 2012町田

どんぐりプロジェクト2019in狭山丘陵 活動報告

初夏の森林体験&ガスミュージアムの見学バスツアー

実施概要

2019年5月18日(土)に開催した『どんぐりプロジェクト』では、さいたま緑の森博物館とガスミュージアムを訪問しました。初夏の風を感じる里山ではさまざまな体験を通じて「暮らしと里山との関わり」を、赤レンガの洋館 ガスミュージアムではガス灯のデモンストレーションなどを通じて「暮らしとガスの関わり」を学びました。

2019年5月18日(土)に開催した『どんぐりプロジェクト』
「さいたま緑の森博物館」は、狭山丘陵の雑木林や湿地など自然そのものを野外展示物とした埼玉県営の野外博物館(フィールドミュージアム)。

「さいたま緑の森博物館」は、狭山丘陵の雑木林や湿地など自然そのものを野外展示物とした埼玉県営の野外博物館(フィールドミュージアム)。

「ガスミュージアム」は、東京ガスの事業の歴史とくらしとガスのかかわりをご紹介する歴史博物館。

「ガスミュージアム」は、東京ガスの事業の歴史とくらしとガスのかかわりをご紹介する歴史博物館。

1日のスケジュール

「里山」を訪ねて狭山丘陵へ

田んぼや畑、それを取り囲む雑木林など、人の暮らしとともにあった「里山」。薪や炭の生産地として、昭和30年代頃まで利用されてきました。人が手を入れて守ってきた、暮らしのすぐそばにある自然環境には、多種多様な植物や生きものが見られました。

狭山丘陵の北西部にある「さいたま緑の森博物館」は、自然が主役の野外博物館。里山の環境保全のためにさまざまな工夫をしています。

緑豊かな初夏の里山。
里山は私たちの暮らしのすぐそばにあります。

このページの先頭へ

歩いて学ぼう! 里山の役割

緑豊かな雑木林では、蝶や小鳥が出迎えてくれました。「森の案内人」と里山の役割や特徴について学んだら、森の散策に出かけます。特製の「どんぐりバッチ」をつけて、さぁ、出発!

手触りのよいシロダモの葉っぱ、赤い背中がかわいらしいナナホシテントウや花の蜜を集めるハナムグリ。アシの葉っぱで草笛も作りました。雑木林はたくさんの出会いでいっぱいです。

森の案内人と一緒に里山の役割を学びます。
どんぐりバッチを胸に、里山探検へ出発。
ハナムグリが花の蜜を集めています。
アシの葉っぱで草笛を作りました!

このページの先頭へ

里山のお手入れを学ぼう! 笹刈りに挑戦

なだらかな丘陵を登り、雑木林の広場へ。次に学ぶのは、里山のお手入れです。木々が元気に、そして大きく成長するためには太陽の光が必要。森の案内人に教わりながら、ノコギリを使って笹を刈り取ります。すると、タヌキがひょっこり現れました! すっかり明るくなった森に笑顔が溢れました。

笹刈りの説明を聞いています。
「笹の茎ってこんなに丈夫なんだね!」
すっかり明るくなった薄暗かった雑木林。
たくさんの笹を刈り取りました。
小川さん親子

ガイドウォーク

インタビュー

小川さん親子

いろいろな体験学習に参加しているという小川さん親子。「普段はノコギリを使うことがないので、今日は貴重な体験ができました」というお母さん。元気いっぱいの息子さんは「刈った笹がたくさん集まっていくのが楽しかった。またやりたい!」とにっこり。明るい笑顔がとても印象的なお二人でした。

このページの先頭へ

育てて学ぼう! どんぐりの鉢植えづくり

お昼ご飯のあとは、どんぐりの木(コナラ)の鉢植えづくりに挑戦。「これがコナラの赤ちゃんだよ」。地面に落ちたどんぐりから芽吹いた小さな苗。根っこを傷つけないように掘り出して鉢植えにしました。

今日の体験を通じて、里山と人の暮らしとの密接なかかわりを学びました。約3年で1m程の背丈になるコナラの木。家に帰ってからも、家族やお友達と一緒に育てながら、自然環境を守ることの大切さを話しあってみましょう。

「この苗に決めた!」
苗の周りからゆっくり掘っていきます。
鉢植えには栄養満点の森の土を使います。
3年ほどで約1mも成長したどんぐりの苗木。
吉木さん親子

どんぐりの鉢植えづくり

インタビュー

吉木さん親子

お母さんのすすめで参加したという吉木さん親子。「ヨコちゃん」と名づけた鉢植えを大事そうに持つ娘さんは「どんぐりの根っこが出てくるのがうれしかった!」と笑顔で話してくれました。その様子を見つめるお父さん。「普段できないことを体験できて、とてもためになりました」と嬉しそうに微笑んでいました。

このページの先頭へ

暮らしから学ぼう! ガスの歴史と役割

里山から次に向かった「ガスミュージアム」。ガスの歴史についてお話しを聞きながら、実際に使われていたガス灯や昔のガス器具などを見学しました。かつては街や部屋を明るく灯す照明として、そして今では台所や暖房、そしてお風呂などに使われている、ガス。時代の流れとともに役割を変え、より快適な暮らしを支えてきました。

ガスミュージアムを見学しました。
実際に使われていたガス設備も展示されています。
照明器具としても活躍していたガス。
「ガスはいろいろなところで使われているんだね!」

このページの先頭へ

このページの先頭へ