東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > お客さま満足度向上への取り組み > ガス機器・設備
業務改善事例
お客さま満足度向上への取り組み
ガス機器・設備

ビル用マルチエアコンで最高の省エネ性を達成した超高効率ガスエンジンヒートポンプ「GHP XAIR(GHP エグゼア)」を開発しました(2010年10月)

種類:

お客様の声

<社員の気づき>
近年、ガスエンジンヒートポンプ(GHP)は、原料価格の高騰ならびに電気ヒートポンプの効率向上、更には環境性に対するユーザー意識の高まりを受け、電気式ビル用マルチエアコンに対する競合優位性を失いつつあった。
また、販売台数も下降傾向にあり、東京ガスグループ内/販売代理店からも競合優位性のある商品開発を強く要望されていた。

改善しました

大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社、アイシン精機株式会社、ダイキン工業株式会社と共同で、ビル用マルチエアコンで最高の省エネ性(APF5.7)を達成した超高効率ガスエンジンヒートポンプ「GHP XAIR(GHP エグゼア)」を開発しました。

2011年三洋製を皮切りに、ヤンマー、アイシンと各メーカーが2011年内にエグゼアシリーズを続々と発売する予定です。(故障予知機能や省エネ改善が可能となる新遠隔監視システムもエグゼアに併せて同時発売)


詳細はこちら

 

このページの先頭へ