東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > お客さま満足度向上への取り組み > ガス機器・設備
業務改善事例
お客さま満足度向上への取り組み
ガス機器・設備

世界で初めて、蒸気と排熱温水の両方を利用できる高効率吸収冷凍機「超省エネルギー型蒸気だきジェネリンク」を商品化しました(2008年04月)

種類:

お客様の声

「蒸気だき吸収冷凍機」は、CGSや蒸気ボイラーで冷暖房を行うなどの蒸気需要の多いお客さまに幅広く使用されてきたが、地球温暖化防止への取り組みが急務となる中、更なる高効率化が求められてきた。
一方、近年発電効率が向上している「ガスエンジンCGS」は、排熱として蒸気と温度レベルの低い排温水の両方が得られるという特徴を備えているものの、これまでの「蒸気だき吸収冷凍機」では排熱温水を利用できず、別途、温水吸収冷凍機を設置する必要があるなどの理由から、排熱温水を十分に使用できないことがあった。

改善しました

蒸気のみならず、排温水も利用可能な高効率吸収冷凍機の開発にメーカー様とともに取組み、世界で初めて、蒸気と排熱温水の両方を利用できる高効率吸収冷凍機「超省エネルギー型蒸気だきジェネリンク」を商品化しました。


蒸気需要の多いお客さま、特に地域冷暖房や大規模病院、工場などの冷房需要が多く運転時間が長いお客さまにとって、環境性と経済性メリットが大きい製品です。


詳細はこちらから

 

このページの先頭へ