事業紹介

エネルギー関連事業

概要

1969年に日本で初めてLNGを導入してから半世紀にわたり、LNGバリューチェーン全体を一貫して担ってきました。その過程で培った技術力・ノウハウを活かして、国内外のお客さまのニーズに合わせ、LNG基地、パイプライン、地域冷暖房、エネルギーサービスといったソリューションをワンストップで提供しています。

半世紀にわたって培った技術力・ノウハウを活かしたエンジニアリングソリューションの提供

東京ガスグループがLNGの上流から下流までのバリューチェーンを半世紀にわたって担ってきた中で、自らが設計・建設したLNG基地、パイプライン、地域冷暖房センターなどの施設・設備を、自らが使用することで培った知見「ユーザーズ・ノウハウ」に基づいて「エンジニアリングソリューション」を国内外に提供しています。

エネルギーの面的供給事業 ~清原工業団地スマエネ事業~

栃木県宇都宮市の清原工業団地内に、コージェネレーションを主体とするエネルギーセンターと自営線・地域熱導管からなる地域インフラを構築し、2019年度に運用を開始しました。7事業所の電力と熱(蒸気・温水)を担う面的供給事業で、エネルギーの高度利用による大幅な省エネ・省CO2とレジリエンス向上を実現。当社グループは、分散型エネルギーの普及拡大および工業用需要の開発により、SDGsの達成に貢献します。

タイLNG受入基地のPMC

タイPTT LNG社から、「ノンファブLNG受入基地」建設のプロジェクト管理を受注し、業務を遂行中です。国内外のLNG受入基地における建設や運用により蓄積された東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社の高い技術力・豊富な経験が認められ、この受注に至りました。建設工事受注者が行う設計・調達・建設・試運転が問題なく計画通り円滑に進むように、技術面、契約面等も含めたプロジェクト全体のマネジメントを実施しています。

ページトップへ