東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
2019年10月1日

真岡発電所からの電力の受け入れについて

東京ガス株式会社
広報部

 

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、このたび、株式会社コベルコパワー真岡(社長:藤尾 明久)が所有する真岡発電所(以下「本発電所」)からの電力の受け入れを開始しました。

本発電所は、発電能力約125万kW(62.4万kW×2基)を有するガスタービンコンバインドサイクルの天然ガス火力発電所であり、天然ガス火力発電設備としては、国内初となる内陸型の大規模発電所です。このたび、本発電所1号機が完成し、本日より発電された電力を受け入れるものです。

東京ガスは、高圧ガスパイプラインを通じて本発電所に都市ガスを供給し、運転開始から15年間にわたり、発電された電力の全量を受け入れます。

東京ガスは、GPS2020において、2020年代に500万kW規模の電源調達の目標を掲げております。今後も、安定的かつ効率的なエネルギーの供給に貢献してまいります。

本発電所の概要

発電所名 真岡発電所
所有者 株式会社コベルコパワー真岡(株式会社神戸製鋼所100%子会社)
発電方式 都市ガス焚き・ガスタービンコンバインドサイクル発電
発電端出力 約125万kW(62.4万kW×2基)
燃料 都市ガス
所在地 栃木県真岡市鬼怒ケ丘1丁目第5工業団地内
(株式会社神戸製鋼所真岡製造所と隣接)
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]