東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2019年度プレスリリース
プレスリリース
お問い合わせはこちらへ
2019年7月25日

※本件は、東京ガスグループの東京ガスエンジニアリングソリューションズによるリリースです。

台湾・永安(ヨンアン)LNG受入基地拡張計画における基本設計業務の受注について※

東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社

 

東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社(代表取締役社長:比護 隆、東京ガス株式会社100%出資子会社、以下「TGES」)は、台湾最大手の石油・ガス会社である台湾CPC Corporation(会長:歐嘉瑞(Dr. Jerry J. R. Ou)、以下「CPC社」)から、永安LNG受入基地拡張計画における基本設計業務(以下「FEED業務」)を受注し、2019年中にFEED業務を実施します。

台湾では、環境保全の観点から天然ガス火力発電の割合を50%まで引き上げる方針であることから、今後も天然ガス需要の堅調な増加が見込まれています。このような背景からCPC社は永安LNG受入基地の拡張を計画しています。
永安LNG受入基地は台湾で初めてのLNG受入基地として1990年に稼働し、過去2度の拡張工事を経て、現在台湾最大のLNG受入基地となっています。

TGESは、その前身である東京ガスエンジニアリング株式会社が1979年にCPC社のLNG導入計画を支援して以来、永安LNG受入基地建設時のLNG地下タンクの技術コンサルタント業務も受注するなど、CPC社と過去40年にわたって良好な関係を築いてきました。
今回のFEED業務受注は、両社の良好な関係を背景に、国内外のLNG受入基地建設における数多くの基本設計業務やLNGタンクエキスパートとしての業務、およびLNG受入基地の運用実績に裏付けられた、基本設計から基地運用までを1社で担えるTGESのエンジニアリング力(※)が高く評価された結果であると考えております。

※ 日本国内における東京ガスの4基地をはじめ、タイ、韓国、フィリピン、台湾、インドネシア、UAE、インド、バングラデシュ、ミャンマー、ベトナム、中国、スペイン、ポルトガルなど多数のLNG受入基地エンジニアリングに関わった実績

TGESは、東京ガスグループ2018-20年度経営計画『GPS2020』で掲げている「海外市場における天然ガスを中心とした環境に優しいエネルギー供給」の実現に向けて、今後もLNG受入基地に関わるエンジニアリングからオンサイトES事業まで、国内で培ったユーザーズノウハウに基づくエンジニアリングソリューション事業を積極的に展開してまいります。

FEED業務の概要

受注先 CPC Corporation, Taiwan
契約期間 2019年末まで
主な業務内容 永安LNG受入基地の拡張計画において、2019年内に基本設計業務を実施・完了する。

(参考資料)

地図「永安LNG受入基地」所在地

この件に関するお問合せはこちらへ
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]