東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 東京ガスの社会貢献活動 > ウルトラ省エネブック > キッチン編 > コラム:キッチンからはじめるエコなライフスタイル

キッチン編TOP

キッチン編

キッチンからはじめるエコなライフスタイル

豊かで地球にやさしい食生活
キッチンからエコなライフスタイルをはじめましょう。

エコ・クッキングとは、「環境のことを考えて、買い物・調理・食事・片づけ」をすることです。
「食」は、だれにとっても毎日欠かせないもの。暮らしに欠かせない身近な「食」をエネルギーを切り口に考えることで、環境に配慮した生活につなげる取り組みです。
もちろん、「食」ですから、おいしさも大切。おいしく作るときに頼りになるのが五感です。

環境に配慮した食の自立
五感の育成

食材を選択し、調理をして食べて、片づけるという、一連の食の体験を通して、
環境への配慮がともなった食の自立と、料理のおいしさがわかる五感の育成を目指します。

買い物

旬の食材を選ぶ

旬は、野菜や果物、魚が自然にたくさんとれる時期のことです。旬の食材は、おいしくて栄養もあります。ところが、食材によっては一年中見かけるものがあります。それはエネルギーを使って温室栽培をしているから。旬以外の時期に栽培するためには、たくさんのエネルギーが必要です。
旬の食材を選ぶ

地産地消のすすめ

日本にいながらにして、世界中の食べ物を手に入れることができるようになりました。しかし、その裏側では、運搬のために膨大なエネルギーが使われ、二酸化炭素が発生しています。運搬の距離が近ければ近いほど、エネルギーは少なくてすみます。地元でとれたものや、国産品を選びましょう。
地産地消のすすめ

必要量を買う

食品ロスが深刻化しています。その量は年間500〜800万トンにもおよび、これは、日本人が1人当たり毎日1〜2個のおにぎりを捨てている計算になります。買い物をするときは、必要なものを必要な量だけ買うようにしましょう。

おいしい料理を作るためには、食材選びが大切。
見た目やにおい、手で触った感じなど、五感を使って鮮度を確認しましょう。

調理

食材をムダにしない

家庭から出る生ゴミの約6割を調理くずや食べ残しが占めています。
いつもは捨てている皮や茎の中には、食べられるものがあります。ヘタを取るときも、ヘタの部分だけを小さく取り除くようにしましょう。野菜の中には、皮の近くに栄養成分が多いもの、香りや味の濃いものがあります。
また、料理の作りすぎにも、気をつけましょう。作りすぎは、食品ロスを増やし、エネルギーのムダにもなります。

エネルギーと水をムダにしない

ちょっとした工夫で、ガスを効率よく使うことができます。
食材をムダにしない

2. 省エネな調理法を工夫する

省エネな方法は、時間短縮にもなります。エネルギーと時間を賢く使いこなしましょう!

A余熱調理(火を消した後の余熱を利用して加熱すること)

●ゆでる・煮るなど、水を使う調理が得意

火を消して鍋のふたをしてそのまま置いておくだけで、鍋の中の食材が
余熱でやわらかくなります。野菜の下ゆでや煮物、スープでお試しを。

●グリルは火を消した後も高温をキープ

グリルはガスの直火と熱せられた空気の両方で加熱します。
火を消した後の余熱も上手に活用しましょう。

A余熱調理
B一つの鍋で段取り調理(加熱する順番を考えて、ゆで水や鍋類を使いまわすこと)

野菜をゆでるとき、アクの少ないものから順番にゆでて、同じ湯を使いまわしましょう。
炒めるときも、野菜などは最初に炒め、肉やたれなどをからめるものはあとに炒めると、一つのフライパンでOK。洗う水も手間も、フライパンをその都度温めるエネルギーもカットできます。

B一つの鍋で段取り調理
おすすめレシピ 一つのフライパンでカンタン調理石焼風ビビンバ〜フライパン一つを使いまわして、段取り調理〜石焼風ビビンバ〜フライパン一つを使いまわして、段取り調理〜作り方

片づけ

盛りつけた料理は、残さずに食べましょう。片づけでは、水を大切に使い、排水をよごさないよう注意しましょう。
台所の排水のよごれが、そのまま河川や海水の汚染につながります。

洗い物をするときのポイント

油でよごれた食器は重ねない 鍋や皿などのよごれなどは、洗う前に拭き取る 洗い桶を使う よごれの少ないものから、順番に洗う

生ゴミは、できるだけ水けをきってから捨てましょう。水を多く含んでいると、悪臭の原因になるほか、ゴミを燃やすときに、多くのエネルギーが必要になります。

エコ・クッキングの効果

CO2削減効果

同じメニューを調理した際のエコ・クッキングの教育前と教育後を比較した場合、ガス・水・生ゴミの量が減るだけでなく、CO2に換算した場合にも、年間で半減することがわかりました。
CO2削減効果

エコ・クッキングの効果は
1年たっても変わりません

エコ・クッキングの効果がどの程度継続するかを調査したところ、約1年たっても、ガス量、水量、生ゴミ量などの削減に大きな効果が認められ、一度覚えると、しっかりと身につくことがわかりました。
エコ・クッキングの効果は
1年たっても変わりません

※エコ・クッキングは東京ガス株式会社の登録商標です

このページの先頭へ