東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 快適・便利・安心な暮らし > 家庭用調理機器

家庭用調理機器

「笑顔あふれる食卓のお手伝い」をモットーに、心に響く価値を提供することに取り組んでいます。
安全機能や自動調理機能、清掃性の高いコンロ、グリルの活用など、調理性や使い勝手の良さ
を裏付けるための様々なデータを取得し、快適なキッチン空間の提案に役立てています。
 

進化したコンロの調理性、安全性、清掃性

 
ガスコンロは、2009年10月よりコンロの全口に安全センサーなどを設置した「Siセンサーコンロ」になり、安全性が大きく向上しました。また、センサーを活用し、鍋の温度設定など調理をサポートする様々な便利機能も搭載しています。これにより、麺茹で機能や新たな炊飯機能(もっちりごはん)が実現しました。また、グリルや天板の清掃性など、お客様の負担を軽減し、より使いやすい機器やサービスを提案していきます。


【関連リンク】  

新しいグリル調理法

従来のグリルは直火調理であり、そのままでは熱分布を保ちながら十分に火力を絞ることができないため、表面が焦げすぎることなく中まで火を通したい料理 には不向きでした。そこで新たなグリル調理法を開発し「ダッチオーブン」や「キャセロール」、「プレートパン、」「ココット」や「ココットダッチオーブン」等のグリル専用容器を用いた〝手軽でおいしい料理〟の実現が可能になりました。

 
各種グリル専用容器
各種グリル専用容器
【関連リンク】
 

コンロのお手入れ性向上に向けた取り組み


「ガスコンロのお手入れがもっと簡単になればいいのに…」というお客さまの声に応えるために、天板やグリルの素材や形状などは様々な工夫がされています。
2011年3月に発売した「ラックリーナ」では、天板の素材に放熱性の良いアルミニウムを使用し、その上に非粘着性と耐久性に優れた「テフロン®プラ チナ」をコーティングすることで、これまでにないほどお手入れが簡単な天板を実現しました。
 
お手入れが簡単なコンロ「ラックリーナ」
お手入れが簡単なコンロ「ラックリーナ」
 
 

このページの先頭へ