現在位置:東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 快適・便利・安心な暮らし > 燃焼解析技術開発

燃焼解析技術開発

業務用・産業用で使用されている様々なガス燃焼機器を環境に優しく省エネでお使いいただくために、燃焼反応・伝熱・流れを考慮した数値流体解析を行うことで、燃焼状態の把握や改善に貢献しています。

〔業務用コンロの直接写真と計算結果〕
業務用コンロの直接写真と計算結果業務用コンロの直接写真と計算結果
 

目的


業務用・産業用の分野では、用途に応じて様々なガス燃焼機器が使用されています。これらを安全にお使いいただくために、不完全燃焼などを起こさずに、また、有害な一酸化炭素(CO)や窒素酸化物(NOx)を排出させない工夫が必要です。私たちは数値流体解析を活用しながら、機器の燃焼状態を詳細に検討し、さらなる改善を図っています。
 

燃焼解析の特徴


 数値流体解析を用いることで、
  • 燃焼室内の温度分布
  • 火炎の位置や大きさ
  • COやNOxの排出量
のような実測が難しい情報について詳細に検討することができます。
 


〔数値流体解析を活用して工業炉におけるNOX排出量を低減した例〕
数値流体解析を活用して工業炉におけるNOX排出量を低減した例
数値流体解析を活用して工業炉におけるNOX排出量を低減した例
 

展望


燃焼解析は非常に時間がかかることが知られており、工業炉などの大規模な計算の場合、正確な燃焼状態の予測に1か月以上の時間がかかることもあります。お客様の要望に対して迅速にお答えしていくために、高精度で高速な計算手法を検討していきます。

 

このページの先頭へ