現在位置:東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 地震防災・安定供給 > 緊急時情報伝達システム 「ECHO」

緊急時情報伝達システム「ECHO」

有事の際に供給指令センターから保安事業所への音声放送・FAXによる一斉連絡を実施するためのシステムです。

 

目的

 
  • 地震時における各事業所への連絡・指示事項の伝達
  • 社内電話網不通時におけるホットライン


 

システム概要


システム構成図
 

「ECHO」は音声放送システム、保安用電話、IP-FAXを信頼性の高い自営無線回線に接続したシステムであり、地震時等に通信事業者の提供する回線が不通となった場合も、影響なく稼働することが可能です。システムの要となるサーバについても、供給指令センター(本社)とサブセンターでのサイト冗長構成となっており、万が一本社が被災した場合もサブセンターからの稼働が可能な、災害に強いシステムです。

 

特徴

 
  • 音声放送システム
    緊急時の放送における放送担当者の負担を減らすため、テキスト-音声変換機能を有しており、緊急時も各放送先に対し、聞き取り易い放送が行うことが可能です。
  • 保安用電話/IP-FAX
    各事業所間の接続に自営無線回線を使用しているため、万が一社内電話回線が不通となった場合も、ホットラインとしての運用が可能です。また、この無線回線をIPネットワークとして整備することにより、この回線を使用して送信されるIP-FAXは、従来のアナログ電話回線を使用するFAXに比べ、約1/10の送信時間でFAXを送信することが可能です。


 

展望


さらなる操作性の向上、他システムとの連携など、有事の際に容易に運用できるシステムを目指します。

このページの先頭へ