東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 地震防災・安定供給 > 安心・安全・信頼のための分析技術

安心・安全・信頼のための分析技術

お客さまに都市ガスを安心して安全にお使いいただけるように、これまで培われた材料損傷解析技術、防食技術、化学分析技術を駆使し、さまざまな技術課題に対する原因究明や対策提案に取り組んでいます。製造から供給、消費機器に至るまで、LNGバリューチェーンにかかわるすべての設備が対象です。
 

特徴


LNGバリューチェーンには非常に多くの設備が関わっており、技術課題の内容も多岐にわたります。さらに設備・機器のトラブルの中には、一つの分析では解決できなかったり、微細な事象をとらえなければならないことも多くあります。
当社では、長年の経験に基づく分析の技術やノウハウを保有しており、当社にかかわるあらゆる技術課題に的確かつ迅速に応える体制を整えています。
その分析技術の、ほんの一例をご紹介します。
 

1.材料損傷解析技術

  サンプルの破面や断面を観察したり、付着物を分析することにより、損傷した原因を推定します。
 
最新の分析機器を活用しています
例) 電子顕微鏡による詳細な観察
わずかな原因も見逃しません
例) 鏡面研磨による微小亀裂の観察
電子顕微鏡による詳細な観察 鏡面研磨による微小亀裂の観察
 

2. 化学分析

付着物などの分析により故障などの原因となった物質を特定します。
現場の状況や試料の性状に合わせ、最適な前処理方法を選定して分析しています。
 
細心の注意を払って分析します
例) 分析試料の抽出作業
さまざまな分析装置で物質を特定します
例) FT-IRによる有機化合物の同定
分析試料の抽出作業 FT-IRによる有機化合物の同定
 

技術的なサポート

現場の要望に合わせた分析や対策提案といった手厚い技術サポートを行うことで、信頼性向上やコスト低減に貢献しています。
 
使用環境を模した適切な材料の選定
例) 材料の長期耐久試験による評価
埋設ガス管の調査を行っています
例) 埋設ガス管の電気防食評価
材料の長期耐久試験による評価 埋設ガス管の電気防食評価
 

展望


これからも丁寧で正確な分析を心掛けるとともに、技術課題の未然防止に努め、お客さまの更なる安心・安全に貢献していきたいと考えています。今後も努力を続けてまいります。

 

このページの先頭へ