現在位置:東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 地震防災・安定供給 > 緊急保安業務支援システム 「EAGLE24」

緊急保安業務支援システム「EAGLE24」

東京ガスでは、都市ガス供給事業者としての使命を踏まえて、ガスの製造・供給から緊急保安対応に至るまで、ハイレベルな「安心・安全」をご提供し続けています。
その中で、お客さまに最も近いところで24時間・365日休むことなくガス漏れなどの緊急対応を行い、都市ガスによる事故を防止するため「ガスライト24」という緊急対応組織を配置しています。
今回は、その緊急対応組織「ガスライト24」と、その活動を支援し、迅速かつ正確な緊急保安対応を実現するシステム「EAGLE24」を紹介します。

 

「ガスライト24」


「ガスライト24」では、道路上のガス管から、ご家庭のガス設備に至るまで、24時間・365日あらゆる事態に備えて万全の体制を整備しています。
供給エリア(支社エリア除く)を5ブロックに分割し、49箇所の拠点を配置して緊急保安対応を実施しています。
 
■5ブロック・49ヶ所の拠点で、供給エリアをきめ細かくカバー
都市と暮らしの安全をしっかり見守るため地域ごとに出動拠点を設けて、
都市ガスのエリアをカバー。万一のときは、スピーディに現場に到着します。
 
緊急保安業務を担当する拠点配置
緊急保安業務を担当する拠点配置
 
 
区分 種別  役割
保安指令センター 受付・指令拠点 ガス漏れなどの通報を受けて、出動指令や指示を行うとともに、出動・作業状況の全体掌握・管理を行うガスライト24の中枢部。
ガスライト24 統括拠点 出動拠点の1つであるが、5ブロックに分割された供給エリアの各ブロック内の拠点統括管理を行い、保安指令センター業務をサポート(供給エリア内に5ヵ所設置)。
出動拠点 保安指令センターからの出動指令に備え、常時出動要員が待機する場所。緊急車による出動など状況に応じた、さまざまな対処を行う機能を完備(供給エリア内に12ヵ所設置)。
待機拠点 保安指令センターからの出動指令に備え、出動要員が一時的に待機する場所(供給エリア内に32ヵ所設置)。
 
 
ガスライト24が保有する緊急車輌 24時間・365日休まず活動する緊急車輌


このページの先頭へ

 

「EAGLE24」


「EAGLE24」は、指令センターと緊急車輌に搭載した車載端末・携帯電話・カーナビゲーションシステムを電話回線などで結び、情報の共有と高度利用を実現しています。
ガス漏れなどの通報受付から出動指示・作業報告を「EAGLE24」で一元管理し、最短の時間で正確な保安確保・処置を遂行しています。
 
緊急保安業務に関する出動指示を行う
保安指令センター
車載端末で通報内容や図面を確認する
作業者
 
 EAGLE24の構成概要

このページの先頭へ