東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 地震防災・安定供給 > ガス導管の大変形性能評価

ガス導管の大変形性能評価

ガス導管に広く用いられている溶接鋼管の、耐震性能を評価しています。
 

目的


ガス導管は地下に埋設されているため、地震によって地盤液状化等が発生した際には、地盤変位によって変形する場合があります。このため、ガス導管の変形挙動を明らかにして、所定の耐震性能を有しているかの確認が重要となります。
 

鋼管の大変形挙動評価

 
地盤液状化によって大きな地盤変位が作用する状況を想定して、直管や曲管の変形挙動を実験や数値シミュレーションで明らかにします。複数の曲管で構成される複雑なガス配管の変形挙動を予測することも可能です。
 

鋼管の大変形挙動評価
 
 
地盤液状化による地盤変位の発生
地盤液状化による地盤変位の発生
ガス管の変形挙動シュミレーション
ガス管の変形挙動シュミレーション
矢印の画像
曲管の変形挙動シュミレーション 直管の変形挙動シュミレーション
曲管の変形挙動シュミレーション 直管の変形挙動シュミレーション
曲管の曲げ実験 直管の曲げ実験
曲管の曲げ実験 直管の曲げ実験

 

展望


今後もガスを安全に供給していくために、ガス導管の安全性評価技術の高度化に取り組んでいきます。
 

このページの先頭へ