現在位置:東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 技術開発 > 低炭素社会 > エコジョーズのデファクトスタンダード化

エコジョーズのデファクトスタンダード化

従来の給湯器の熱効率は最大約80%でしたが、エコジョーズでは排気中の潜熱の回収により、最大約95%に向上しました。そのため、CO2排出量が減少し、地球温暖化防止に貢献します。当社では、エコジョーズの新築物件への設置のみならず、既築物件での従来型給湯器からの取替えに対応するため、ラインナップの拡充、施工性の向上、ドレン排水方法の多様化、コンパクト化、コストダウンに取り組んできました。
 

目的


ガス業界ではこれまでもエコジョーズの普及拡大に取り組んできましたが、従来型ガス給湯器のストックがまだ残っています。これらの従来型ガス給湯器の取替え時にエコジョーズを採用いただくために開発してきた技術によってエコジョーズのデファクトスタンダード化を推進し、省エネおよびCO2削減に貢献します。
 
従来型ガス給湯器とエコジョーズ(潜熱回収型)の構造の比較


 

装置の概要および特徴

 

1. 既築物件の取替えを念頭においたラインナップの拡充

集合住宅のパイプシャフトには通常のサイズの給湯器を設置するための十分なスペースがない場合があります。このような場合に対応するために、パイプシャフト内への設置がしやすいスリムエコジョーズを開発しました。このラインナップ拡充により、従来のスリム給湯器やBF風呂がまをエコジョーズに取り替えやすくなりました。
 
 
スリムエコジョーズの開発
 

2. ドレン排水技術の開発

エコジョーズは潜熱回収時に酸性のドレンが発生するため、機器内でドレンを中和処理した後に機外へ排水を行っています。しかし、既築物件への設置においてはドレン排水経路の確保が困難な場合があります。
この問題を解決するため、パイプシャフトから浴室までの既設の追焚配管(2本)を、ドレン排水用配管1本を加えた3本管に入れ替える「3本管入替工法(ドレンを搬送するポンプを内蔵したドレンアップ機能付機器を利用)」を導入したのに加え、浴槽エプロン内の既設追焚配管に「三方弁ユニット」を設置し既設の追焚配管を利用して浴室排水口にドレンを排水する「三方弁ドレン処理対応エコジョーズ」を開発しました。
 
 三方弁ドレン処理対応エコジョーズの仕組み

 


 

このページの先頭へ