東京ガス エネルギーフロンティア サマーインターンシップ 2017

E 技術開発

16

理

基盤研究開発コース

詳細を見る

受入部所 基盤技術部 基礎技術研究所およびエネルギーシステム研究所
応募条件 理系
※テーマNo.6のみ化学系専攻の方
主な実習場所 横浜研究所(神奈川)
コース期間 8/21(月)〜9/1(金)の期間で5〜10日間 ※テーマにより異なります。
コース内容
基礎技術研究所・エネルギーシステム研究所では、ガス事業の基盤技術の深化に取組み、蓄積した技術と最新の知見を活用し、ガス事業の発展を支えています。

※今回のインターンシップ内容は、詳細をご覧下さい。

※今回のインターンシップでは以下のテーマをご用意しています。

詳細内容

テーマNo.1
ガスパージ測定器の開発

新設のガスメーターや配管内に残存する空気が都市ガスに置換されたかを確認するためのガスパージ測定器について、最適なガスセンサーを選択するため各種ガスセンサーの性能評価を体験できるテーマです。

テーマNo.2
ガス品質に関する微量硫黄成分分析

ガス品質チームにて保有している微量硫黄成分分析用ガスクロマトグラフを用い、分析値の取り扱い方、ガスの品質管理に関する技術などを体感して頂き、それらに対する課題の洗い出しや、改善・改良方法の検討を体験できるテーマです。

テーマNo.3
パイプラインの電気防食評価

ガスパイプラインは腐食を抑制するために電気防食が施されています。様々な埋設環境において電気防食の効果を評価して防食達成条件を明確にするなどの評価を体験できるテーマです。

テーマNo.4
パイプライン等ガス供給設備の安全性評価に関する基礎研究

パイプライン鋼材の強度特性評価のための実験や超音波探傷を用いた非破壊検査等を実施し、構造物の安全性評価に関する研究業務を体験できるテーマです。

テーマNo.5
高分子材料の耐久性に関する研究

コストダウン・軽量化のために家庭用燃料電池用等の金属部材を樹脂化するにあたって、強度試験やIR分析を行い、樹脂材料の特性や耐久性について考察していただきます。加えて耐久性を迅速に評価するための手法についての検討を体験できるテーマです。

テーマNo.6
各種水試料の分析体験

機器の冷却水など、水試料の分析を体験できるテーマです。

テーマNo.7
故障品の損傷解析体験

各種部材が壊れた場合、原因究明のための分析を行っています。その中で行う研磨や観察等を体験できるテーマです。

テーマNo.8
金属材料の耐食性評価

金属製の配管材料について、様々な水質の温水を流した場合の耐食性を、電気化学分野の測定を通じて評価を行い、基礎データの取得を体験できるテーマです。

テーマNo.9
管内火炎伝播に関する基礎研究

管内における火炎伝播現象について実験計測や数値解析を行い、ガス事業における安全性追求に向けた研究開発の取り組みを体験できるテーマです。

受入人数 14名程度