東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > わたしの森プロジェクト > プロジェクト導入の流れ
  • トップ
  • わたしの森プロジェクトとは
  • プロジェクト導入の流れ
  • モデルケース紹介

プロジェクト導入の流れ

実施に当たって

東京ガスのノウハウを活かして

わたしの森プロジェクトでは、入居後も環境イベントやプログラムを開催し、居住者の環境への関心を高め、同時にコミュニティ形成を図ります。この取り組みには、東京ガスが1993年から実施している広葉樹の植樹プログラム「どんぐりプロジェクト」や企業館での環境体験プログラムなどの運営ノウハウが活かされています。

どんぐりプロジェクト
かすてなーに ガスの科学館
このページの先頭へ

プロジェクト導入の流れ/プログラム展開図

プロジェクトの流れ

  1. 入居前
    スペースの確保

    「わたしの森プロジェクト」の緑地スペース確保と居住者の協働や運営を考慮し、目安として100戸以上の新築マンションにおいて導入をご検討ください。

    植栽計画の立案

    専門家やNPO法人による植栽樹種をはじめとする里山づくりのアドバイスをご提供させていただきます。外構の設計・施工は通常通り事業主様にご手配いただきます。「わたしの森」の育成にむけての管理と運営費用については個別にご相談させていただきます。

    住居の様子
  2. 入居時
    植樹イベントの計画

    植樹イベントの企画・運営を東京ガスグループとNPO法人がお手伝いさせていただきます。

    植樹イベントの開催

    植樹イベントを開催し、「わたしの森プロジェクト」の認知と居住者同士のコミュニケーション促進を図ります。参加規模や植樹内容等により費用は異なりますので、個別にご提案させていただきます。

    植樹の様子
  3. 入居後
    管理の構成

    通常の植栽メンテナンスは管理会社(管理組合)様より植栽業者へ委託していただきます。別途、年に数回程度、専門家によるサポートとアドバイスの機会を設け、居住者も参加して植栽メンテナンスをおこないます。

    フォローアップイベント

    植栽メンテナンスに加え、フォローアップイベントを開催します。自然を題材にしたワークショップや講習会など個別にご提案させていただきます。また、居住者を対象とした東京ガスの企業館へのご招待もおこなっています。

    植栽メンテナンス

プログラム展開

案件ごとにプログラムをご提案させていただきます。
プログラム展開図 わたしの森の成長
このページの先頭へ

参加対象イベント紹介

巣箱づくり

野鳥が訪れやすい環境では、巣箱づくりのプログラムを行い春の巣箱づくりの前に設置します。

巣箱

ハーブガーデンづくり

暮らしに使えるハーブを植えてハーブガーデンをつくります。
育ったハーブを使い、お料理やハーブティーを楽しむイベントへつなげます。

ハーブ

どんぐりクラフト

庭にどんぐりの実る木があれば、秋に拾ってクラフトの素材に。
アクセサリーやリースの飾りにします。

どんぐりクラフト

※物件毎によって内容は異なります

このページの先頭へ

このページの先頭へ