東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > わたしの森プロジェクト > わたしの森プロジェクトとは
  • トップ
  • わたしの森プロジェクトとは
  • プロジェクト導入の流れ
  • モデルケース紹介

わたしの森プロジェクトとは

わたしたちに出来ること

マンション敷地の“小さな森”

マンション造成時、敷地内に住民参加でつくり育てる緑地計画をおこない、入居後、専門家やNPOのサポートを得ながら、住民の手で植樹や日々の手入れをしていきます。イベントやワークショップなど取り入れながら、住環境の向上とコミュニティ形成を図ります。木々の成長を見ながら、そこに現れるさまざまな生き物のつながりを感じる。そんな「わたしの森」を育てる取り組みを東京ガスグループがご提案・お手伝いします。

わたしの森プロジェクトの様子

環境に対する世界の取組み

1992年の地球サミットで、環境に関する条約である「気候変動枠条約」と「生物多様性条約」が締結されました。その後、1997年の京都議定書では温室効果ガス削減目標が明確に示され、2010年の名古屋議定書では生物多様性に関する国際基準目標が採択されました。
日本でも企業が率先して取り組み、日本全体で取り組んでいくことが必要です。
このページの先頭へ

プロジェクト3つのメリット

  1. メリット1

    温暖化防止に向けて~暮らしに緑を取り込みエネルギー負荷軽減~

    • ・環境への意識が高まり、省エネ行動につながります
    • ・実質的なヒートアイランドの緩和につながります
    温暖化防止に向けて
  2. メリット2

    生物多様性への取り組み~都市部で自然に近い多様な植生を~

    • ・自然の四季の変化や生きものの存在が身近になります
    • ・多様な生き物が集まり環境度が高まります
    生物多様性への取り組み
  3. メリット3

    コミュニティのつながり~~マンションで居住者による参加型の環境づくりを~~

    • ・コミュニティ形成が円滑に進みます
    • ・継続することで、住まいやコミュニティへの愛着が増していきます
    コミュニティのつながり
このページの先頭へ

このページの先頭へ