「家族の絆」CMスペシャルコンテンツ 飯島奈美さん直伝! CMの&きずな餃子&をおうちでつくろう!! 「家族の絆」CMスペシャルコンテンツ 飯島奈美さん直伝! CMの&きずな餃子&をおうちでつくろう!!

おいしい餃子が登場するCMはこちら! おいしい餃子が登場するCMはこちら!

「家族の絆 似たもの親子」篇 CM 本編

料理は家族をつなぐ絆であってほしい。そして、東京ガスはそのお手伝いをします。 料理は家族をつなぐ絆であってほしい。そして、東京ガスはそのお手伝いをします。

そんな東京ガスの想いを伝える「家族の絆」CMシリーズ。2008年から始まり、いま放送中の「似たもの親子」篇は、第9作目となります。青木さやかさん演じる母と、白鳥玉季ちゃん演じる娘の親子の日常を描き、くすりと笑えて心温まる、観ればちょっと幸せになれるCMになりました。今回は、CMに登場するおいしい餃子の作り方をお届けします。この動画を観て、おいしい餃子を家族でつくって食べれば、「家族の絆」もきっと深まるはず。 そんな東京ガスの想いを伝える「家族の絆」CMシリーズ。2008年から始まり、いま放送中の「似たもの親子」篇は、第9作目となります。青木さやかさん演じる母と、白鳥玉季ちゃん演じる娘の親子の日常を描き、くすりと笑えて心温まる、観ればちょっと幸せになれるCMになりました。今回は、CMに登場するおいしい餃子の作り方をお届けします。この動画を観て、おいしい餃子を家族でつくって食べれば、「家族の絆」もきっと深まるはず。

餃子のレシピを教えてくれるのは… 餃子のレシピを教えてくれるのは…

飯島 奈美さん 飯島 奈美さん

東京生まれ。フードスタイリスト。
TVCM、広告を中心に、映画などでも活動中。
主な仕事に、映画「かもめ食堂」、「南極料理人」、
「舟を編む」、「海街ダイアリー」や
NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、
ドラマ「深夜食堂」「カルテット」など。
主な著書に「LIFE なんでもない日、
おめでとう!のごはん。」(東京糸井事務所)
「ワインがおいしいフレンチごはん」(リトルモア)など。 オリジナル商品「紀州の、うめ酢」
うめ酢を使った料理冊子
「難のがれレシピ」(ほぼ日で発売中)

玉季ちゃんからの見どころ紹介 玉季ちゃんからの見どころ紹介

娘役の"たまき"です。
CMにも登場する、
おいしい餃子の作り方、教えちゃうよ!
前編は、具づくりから包むところまで。
後編は、焼き方、特製ダレ、
SNS映えする写真の撮り方を
伝授します!

飯島奈美さん直伝 餃子レシピ 前編 飯島奈美さん直伝 餃子レシピ 前編

飯島奈美さん直伝 餃子レシピ 後編 飯島奈美さん直伝 餃子レシピ 後編

レシピ レシピ

餃子(40個分) 餃子(40個分)

※今回は、市販の餃子の皮(大判サイズ)でつくります。

具(野菜) 具(野菜)

キャベツ
1/3個(300g)
あら塩
小さじ2/3
たまねぎ
1/4個(60g)
長ネギ
1/3本(50g)
ニラ
1/4束(50g)
にんにく
すりおろして小さじ1/3
しょうが
みじん切りにして大さじ1

具(肉) 具(肉)

豚ひき肉
200g
あら塩
小さじ2/3
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
オイスターソース
大さじ1/2
白コショウ
少々
ごま油
大さじ2

特製ダレ 特製ダレ

ピリ辛味噌ダレ ピリ辛味噌ダレ

みそ
大さじ2
大さじ2
大さじ1
砂糖
少々
豆板醤
小さじ1

ピーナッツダレ ピーナッツダレ

ピーナッツバター
大さじ1と1/2
しょうゆ
大さじ1と1/2
大さじ1
ラー油
お好み

飯島さんに質問 飯島さんに質問

ー1本目から「家族の絆」CMに参加されていますが、
このシリーズで心がけていることは?

リアル感は大事にしています。
料理のメインメニューは制作側から
リクエストをいただくのですが、
同じ食卓に並ぶ他のメニューは
私が考えているんです。
シーンに溶け込むように、
いかにも「撮影用」に
ならないように気をつけています。
毎回そのシーンの
登場人物の気持ちになってつくっています。

ー「似たもの親子」篇の撮影時のエピソードは?

餃子って熱いですよね。
今回は子役の玉季ちゃんも
食べるものだったので、
熱すぎず、
ぬるすぎず、
出演者の方々が
おいしく食べられるタイミングを
見計らってつくっていました。

ー料理上達の秘訣は?

「人を喜ばせたい」という思いに尽きると思います。
喜んでもらえたら、次はもっと喜んでもらおうと。
私は、おにぎりやゆで卵のような
シンプルな料理でも、
少しでもおいしくできないかと、
いつも工夫して探究しています。
料理なら、ちょっとした手間で
感動してもらえるので、
作る方としてもおトクですよね。

ーご覧になった方へメッセージを。

子どもの頃の
「きちんと料理をつくってくれた人がいた」
という経験は、
自分はあんなに時間を
割いてもらった、大事にしてもらったと、
自分の価値を信じる力を
与えてくれると思います。
私もこのCMを観ると、
改めて家族に会いたくなりますね。
今回の餃子レシピ動画を
観てくださった皆さまには、
とにかく楽しんで料理をして欲しいと思います。
餃子だったら自分の好きな具を追加したり、
「家族で自由に料理をする日」を
つくってイベントにすれば、
家族の大切な思い出になると思いますよ。