東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > キッズ東京ガス > おどろき!なるほど!ガスワールド > 未来を見る > 新しいエネルギー資源 > 新しい技術

新しいエネルギー資源

新しい技術

新しい技術ってなんだろう

最近は、新しい資源を利用するための研究や開発が進められています。どんな新しい資源があるのか調べてみよう。

これまでのガス田や油田からとれる「在来型化石燃料」とそれらと違うかたちで存在する「非在来型化石燃料」というものがあります。
技術の進歩により、シェールガスをはじめとした「非在来型化石燃料」が生産されるようになりました。また、その埋蔵量はこれまでの化石燃料を大きく上回るといわれています。現在、世界中でこの「非在来型化石燃料」が注目されています。

ここがおどろき!

新しく開発されている化石燃料は世界的に注目されているんだ!

従来の技術 新しい技術

天然ガスの採掘

何千メ−トルという地下にある天然ガスを採掘するには、大規模な掘削装置が必要です。 まず、掘削地点に鉄塔のような「やぐら」を組み、回転しながら岩盤を掘り進む「ドリルビット」(あなを掘る刃先)や「掘管」を取り付けます。最初は大口径の掘管を挿入し、深くなるにつれて細い掘管をつなぎ合わせていきます。その他にビットを交換するための巻上げ装置や、ビット内に送り込まれる泥水の圧入装置など、多くの特殊な装置が必要になります。

とくに「泥水」の果たす役割は

  1. (1)掘削した土くずを地表まで運ぶ
  2. (2)採掘中の地層がくずれるのを防ぐ
  3. (3)地層内の流体が噴出するのを防ぐ
  4. (4)ビットを冷却する

と重要な役割を果たします。

ドリルビット

「水平坑井(こうせい)」

従来ガス田で垂直に掘り進めた技術に比べ、水平に掘ればガスと接触する面積が増える。 一坑あたりの生産量を3〜5倍増やせるようになった。

「水圧破砕」

井戸に水を流し、水の圧力で地層にひび割れをつくり、閉じこめられていたガスが流れ出るようにする。

「マイクロサイスミック」

地震波の観測技術で、地震波を参考に掘削戦略を練る。

ここがおどろき!

昔からある技術もあるが、それらをうまく組み合わせる工夫が技術革新となってきているんだ!

  • 先生お役立ちページ
  • 教科・単元別から探そう
  • 自由研究調べ学習
  • データ集

このページの先頭へ