東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > どんぐりプロジェクト > どんぐりプロジェクト2017 in狭山丘陵 活動報告

どんぐりプロジェクト®

どんぐりスクール

  • 2017年春in狭山丘陵
  • 2015年春
  • 2014年夏
  • 2014年秋

社内活動

  • ワークツアー
  • 2012町田
  • 参加者募集情報

どんぐりプロジェクト2017 in 狭山丘陵 活動報告

初夏の森林体験&ガスミュージアムの見学 バスツアー 2017年5月20日 天気:晴れ

私たちの暮らしのすぐそばにある緑豊かな里山で「森の役割」や「地球環境を守ることの大切さ」を学びました。

1日のスケジュール

8:00 新宿駅西口・工学院前集合
バスで狭山丘陵へ(さいたま緑の森の博物館)
10:00 ガイドウォーク
里山の手入れ体験
昼食
ネイチャークラフト
14:00 狭山丘陵を出発
ガスミュージアムで見学と休憩
17:00 新宿駅西口到着解散

里山とは?

里山とは、田んぼや畑それを取り囲む雑木林など、人の暮らしとともにあった環境のこと。昭和30年代頃まで薪や炭の生産地として長く利用されてきました。人の手が入ることによって自然が守られ、その環境に多くの生きものが生息します。里山の雑木林は植物の種類も多く、それを好む昆虫や野鳥、タヌキなどの動物が、人の暮らしのすぐそばに見られました。

里山
里山

このページの先頭へ

新緑が美しい里山でどんぐりスクールを開催

狭山丘陵に向けて、新宿駅を出発した参加者のみなさん。早朝の集合にもかかわらず、元気いっぱいです。バスの中では3択クイズに挑戦。これから向かう「里山」について予習をしました。

ホオの木で作ったどんぐりバッチを胸に元気に挨拶。
「里山はどんなところかな?」。みんなでクイズに挑戦。

このページの先頭へ

「里山の役割」について学ぼう!

映画『となりのトトロ』の舞台にもなったといわれている、狭山丘陵に到着。爽やかな風が心地よい森の中で、里山の役割、森で暮らす生きものについて学びました。

「里山の役割」についてのお話を聞きます。
里山の木々を増やす「もやわけ」について学びました。

このページの先頭へ

里山に暮らす生きものを探そう!

カワセミやウグイスのさえずりを聞きながら、いよいよ里山散策のスタートです。「この木はクヌギとコナラどっちかな?」。木肌を触って樹木の種類を見分けます。木の葉のにおいをかいだり、ほんのり甘い実を食べてみたり。小さな池では、メダカやオタマジャクシも見つけました。好奇心旺盛な子どもたち。里山の森で、さまざまな生きものや植物と触れあいました。

雑木林を歩きながら生きものや植物を観察します。
「この木はクヌギとコナラどっちかな?」
「この葉っぱはどんな匂いがするかな?」
このオタマジャクシ、どんなカエルになるのかな?

このページの先頭へ

里山の手入れ「下草刈り」に挑戦しよう!

里山を散策したあとは、「下草刈り」に挑戦。ノコギリの使い方を教わって木の成長を妨げる雑草を取り除きます。はじめて使うノコギリに、ちょっぴりドキドキする子どもたち。お父さんやお母さんと一緒に、草の根元に刃をつけて「ぐいっ」とひと引き。うっすらと暗かった森に、太陽の光が差し込み、明るくなりました。

汗をかきながら夢中になって雑草を取り除きます。
草をしっかり握って下草を刈っていきます。
村川さん親子と石橋さん親子。

下草刈り

インタビュー

村川さん親子/石橋さん親子

お友達と一緒に参加してくれた、村川さんと石橋さん親子。「太い草の方が刈りやすかったよ。今度は木やお花を植えて育ててみたいな」と娘さんたち。自然の中で無邪気に楽しむ姿を見て、「感動した!」と笑顔を浮かべるお父さんでした。

このページの先頭へ

間伐材を使ってオリジナルグッズを作ろう!

住宅街が一望できる雑木林広場でお昼ご飯。ほっと一息ついたら、ネイチャークラフトに挑戦です。クヌギやコナラ、桜の木などの間伐材から好きな木を選んで、ペンダントやマグネット、写真立てを作りました。虹のような色を塗ったり、木の形をモチーフにして動物を描いたり。子どもたちの自由な発想から、思い出に残る作品が完成しました。

好きな色を塗ったり、イラストを描いたり。
木の形を活かした面白い作品ができました。
田坂さん親子。

ネイチャークラフト

インタビュー

田坂さん親子

大好きなコアラのイラストを描いていた、田坂さん親子。娘さんは、作ったペンダントに大満足。「今度はリスに会えるといいな」と話してくれました。街の近くにこんなにも豊かな自然があることに驚いたというお父さん。親子で夢中になって作品を作る姿が印象的でした。

このページの先頭へ

ガスの歴史について学ぼう

里山を出発して、次に向かったのは小平市にあるガスミュージアムです。日本ではじめてガスが使われたのは、今から約140年前の明治5年ごろ。当時のガス灯の明るさを体験したり、実際に使われていたガス機器などを見学したり、その歴史をたどりました。

レンガづくりが美しいガスミュージアム。
ガスの歴史をたどりながらガス機器を見学。
日本ではじめて使われたガス灯の明かりを体験!
ガスの歴史を学べるパズルに挑戦しました。

このページの先頭へ

身近な自然環境「里山」を大切に守ろう!

今回のどんぐりスクールでは、私たちの暮らしの近くにある「里山」を豊かにするために、「下草刈り」などの「手入れ」が大切であることを学びました。身近な自然環境を守るために、日々の暮らしの中でできることについて、家族やお友だちと話しあってみてくださいね。

また里山に会いにきてくださいね!

このページの先頭へ

このページの先頭へ