東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > どんぐりプロジェクト > 2014 夏のどんぐりスクール活動報告

どんぐりプロジェクト®

どんぐりスクール

  • 2017年秋in狭山丘陵
  • 2017年春in狭山丘陵
  • 2015年春
  • 2014年夏
  • 2014年秋

社内活動

  • ワークツアー
  • 2012町田
  • 参加者募集情報

2014年夏のどんぐりスクール(キャンプ)活動報告

探れ!森とエネルギー調査隊 2014年7月25・26日 天気:はれ

私たちとともに進化した「火」と地球温暖化を防ぐ「森」「水」の大切さを体感した2日間の夏のキャンプスクールでした。

1日目のスケジュール 2日目のスケジュール

7:45 池袋 出発
  バス車中にてDVD鑑賞、地球温暖化クイズ
11:30 北軽井沢スウィートグラスキャンプ場に到着
  昼食
12:30 開会式
13:00 テント設営
14:30 「東京ガスの火育」プログラムスタート
  薪の組み方・火おこし体験
17:30 夕食
19:30 「ハリーと森のなかまたち」上映会
20:00 夜のお散歩
22:00 おやすみなさい
6:30 おはようございます
ラジオ体操
6:45 朝食~昼食づくり
7:30 テントかたづけ
8:30 北軽井沢スウィートグラスキャンプ場出発
10:00 長野・東京ガスの森に到着
10:30 森づくり体験プログラムスタート
10:45 間伐デモンストレーション
11:15 下草刈り
12:00 昼食
12:40 自然体験プログラムスタート
  発見!沢歩き探検隊!
  実験!森の水力発電隊!
  探れ!いきもの調査隊!
14:30 閉会式
15:00 長野・東京ガスの森出発
19:00 池袋 到着

長野・東京ガスの森 MAP

地図 実験!森の水力発電隊! 発見!沢歩き探検隊! カワゲラの幼虫 ヤゴ ヒキガエル サワガニ イワナ ヨツスジハナカミキリ サカハチチョウ ノシメトンボ ヒゲナガオトシブミ キマワリ モンキクロカスミカメ 探れ!いきもの調査隊! 下草刈り

このページの先頭へ

1日目

緑あふれるキャンプ場からさまざまな体験プログラムスタート

池袋からバスで約4時間。浅間山を望む北軽井沢のキャンプ場に到着。天然水で冷やした「ウエルカムきゅうり」がお出迎えです。新鮮なきゅうりをポリポリと頬張りながらホッと一息。その後は親子でテントづくりに汗を流しました。

朝採れの新鮮なきゅうりは歯ごたえ抜群!
親子でテントづくりに挑戦です。

このページの先頭へ

キャンプならではの特別プログラム“古代の火おこし体験”

まずは、「火」とともに人間が進化してきた歴史について学びます。私たち人間が「火」と出会ったのはおよそ100万年前と言われています。当たり前のように使っている「火」は私たちとともに進化し、暗い夜には「明るさ」、寒い日には「あたたかさ」、そして食べ物を焼くことで新たな「おいしさ」をもたらしてくれました。「火」と私たちの繋がりについて学んだあとは、古代の火おこし方法を体験します。

火の価値について学びます。     
夢中になって聞き入る子どもたち。

火を燃やすためには「酸素」「燃えるもの」、そして「熱」の3つの要素が必要です。燃やす順番や空気の通り道を考えながら、新聞紙や牛乳パック、割り箸など、身近な材料を使い子どもたちで薪を組んでいきます。

緊急時に役立つ身近な新聞や牛乳パック、割り箸などを薪にします。
新聞紙を枕に木をお布団のようにかぶせる方法を試します。

挑戦するのは「弓切り式」という古代の火おこし方法。ヒキリギネという棒を板の上で回転させてその摩擦熱で火種をつくります。白い煙がでて、赤い火種が見えてきました。体力勝負の火おこしに「頑張れー!」と大きな声援が飛び交います。

親子で力をあわせて火おこしスタートです。
白い煙がでたら火種ができはじめた合図。

火種はそっと麻わたにくるみ、空気を入れるため、スタッフが大きく手を回転させると、「ボッ」見事、火おこしが完成。

火種は麻繊維でふんわり包みます。
空気を入れるためにスタッフが麻繊維をゆっくり大きく回します。発火成功!!

みんなで一生懸命つくった火種がひとつになって燃えています。無事に火おこしに成功して満足そうな子どもたち。上手にできたこの火を使って、マシュマロ焼きを楽しみました。

みんなで組んだ薪に、おこした「火」を移します。
マシュマロを火であぶると“ふわとろマシュマロ”の出来上がり。
火おこしプログラム/小山さん親子

火おこしプログラム

インタビュー

小山さん親子

参加者の中で一番先に火をつけることができたお父さんと娘さんのペア。春のスクールに続く2回目の参加です。「火をおこすことはとても大変でしたが、普段当たり前に使っている火の大切さを娘と一緒に実感しました」というお父さん。火おこしを通じて、娘さんとの絆をさらに深めたようでした。

このページの先頭へ

2日目へ

このページの先頭へ