東京ガスTOP > 企業情報 > 取り組み・活動 > 安全と防災 > 地震対策/地震防災対策の3本柱 予防:耐震性の高いガス設備

地震対策

地震防災対策の3本柱 予防:耐震性の高いガス設備

大地震の被害を最小限に抑えるため、ガスをお届けする設備は、高い耐震性を備えています。

製造設備は、耐震性に優れた構造設計を採用

一般社団法人日本ガス協会で定めた基準に基づき、耐震性に優れた材質・設計方法を採用しています。
製造プラントを24時間体制で監視し、さらに万が一に備えて基地内に消防車を常時配備しています。

  • LNGタンク外観

    LNGタンクは、大地震にも十分に耐えられるように設計されており、安全性の高い構造をしています。
    阪神・淡路大震災や東日本大震災など震度7クラスの地震が起きた際もタンクからLNGが漏洩した実績はありません。

高圧・中圧ガス導管は、地盤変動に強い素材を採用

高圧・中圧ガス導管は、強度や柔軟性に優れた溶接接合鋼管を採用し、ガス漏れを起こしにくい構造となっています。溶接接合鋼管は、阪神・淡路大震災、東日本大震災でも、高い耐震性が確認されています。

  • 高圧導管

  • 曲げ試験

ガスホルダーは、数多くの安全技術を採用

最新の技術・工法を取り入れた強固な構造物です。
阪神・淡路大震災の激震地区にも、同様の構造のガスホルダーがありましたが、被害はありませんでした。

低圧ガス導管は、柔軟性の高いポリエチレン管を採用

ガス導管総延長の約90%を占める低圧導管のうち、新設導管については、地震による損傷を最小限に抑えるポリエチレン管を採用。伸びが大きく破断しにくいため、地震による損傷を回避します。
土中の水分によって腐食せず、優れた耐久性を有しています。

引っ張り試験 これだけ伸びても破断しません

このページの先頭へ