東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2017年度プレスリリース
プレスリリース
お問い合わせはこちらへ

「親子で学ぼう!東京ガスの防災体験ツアー」の開催
~生き抜くための知識と技を身に付ける~

東京ガス株式会社
平成30年2月5日
広報部

 

東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)は、2011年の東日本大震災から7年目となる3月11日に親子を対象とした防災体験ツアーを実施します。

東京ガスでは、快適で心豊かに暮らせる持続可能な社会の実現をめざし、お客さまや地域社会とともに、暮らしに関わる課題解決に向けて地域貢献活動を進めています。その活動の一環として、防災対策に関する情報提供や、体験型プログラムを通じて自助・共助の防災力を高めることを目的に防災イベントなどを開催しています。

今回は、品川区が運営する「しながわ防災体験館」と江東区にある「がすてなーにガスの科学館」をバスで移動し、さまざまな防災体験プログラムを体験します。発災時、発災後に自力で生き抜くために必要なことを、親子で一緒に体験プログラムやクイズをしながら学びます。実践的な知識や技を身に付けて「自助・共助」の防災力を高める機会にご活用下さい。

開催概要

■開催名称 親子で学ぼう!東京ガスの防災体験ツアー
~生き抜くための知識と技を身に付ける~
■開催日時 2018年3月11日(日)10:00~15:30
■開催場所
募集人数 24名
参加対象 小学生以上の子どもとその保護者
参加費 無料
申込締切日 2018年2月28日(水)
*申込人数が募集人数を超えた場合は、締切り後抽選となります。
*当選の可否は抽選後、メールにてお知らせいたします。
申込方法 インターネットにて申込 https://krs.bz/tglv/m/0311_bousaitour
問合せ先 東武トップツアーズ(株)東京法人東事業部内
「東京ガスの防災体験ツアー事務局」担当:木村・石渡
電話:03-6667-0592(月~金 9:30~17:30 土・日・祝日除く)

■行程

時間・場所 内容
9:50~10:00 しながわ防災体験館に集合(9:50より受付)
10:00~11:30
しながわ防災体験館
  • 初期消火体験(消火器・消火栓の使い方)
  • 応急救護体験(心肺蘇生法・AEDの使い方)
  • 要配慮者避難誘導体験(高齢者や障がい者等の避難誘導の対応方法)
  • 避難姿勢体験(火災で煙が充満した時の正しい避難姿勢)
  • 防災映像の上映
11:30~12:00 バス移動
12:00~12:30 昼食 ※昼食や飲み物は各自ご持参ください
12:40~15:30
がすてなーに
ガスの科学館
  • もしもの時ツアーズ
    東京ガスの地震防災対策を紹介するプログラムです。地震でガスメーターが遮断した時の復帰操作にもチャレンジします。
  • その時どうする?チャレンジQ
    山村武彦氏監修の防災クイズで「その時どう動くか」を考えて逃げ方をシュミレーションします。
山村 武彦(やまむらたけひこ)氏プロフィール
防災システム研究所所長、防災・危険管理アドバイザー
新潟地震(1964年)でのボランティア活動を契機に、防災アドバイザーを志し、同研究所を設立。実践的防災・危機管理の第一人者。
  • 火育(ひいく)~身近な材料で火をおこそう~
    災害時にライフラインが寸断された場合を想定し、身近な材料で上手に火をおこし、コントロールする方法を学びます。おこした火でホットドリンクをつくるお楽しみ付きです。
  • 災害時のトイレをそなえよう
    多くの被災者が直面したトイレ問題。被災地のトイレ事情を知り、どのような備えが必要なのかを親子で考えるプログラムです。携帯トイレの取り付け方も体験します。
この件に関するお問合せはこちらへ
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]