東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2017年度プレスリリース
プレスリリース
お問い合わせはこちらへ

都市生活レポート 東京ガスの「浴育のすすめTM
疲労タイプ別おすすめ入浴法
~毎日元気でいたい、あなたへ~を発行

東京ガス株式会社
平成29年12月7日
広報部

 

東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)都市生活研究所※1は、都市生活レポート東京ガスの「浴育のすすめTM※2『疲労タイプ別おすすめ入浴法 ~毎日元気でいたい、あなたへ~』を発行しました。

入浴は、欠かせない生活行為の一つであり、生涯続くものです。東京ガスは、幼い時期から高齢期までライフステージに合わせた効果的な入浴方法やお風呂の楽しみ方について、「浴育のすすめTM」として提案しています。

今回のレポートでは、「疲労」に着目し調査を実施しました。疲労意識と実態に関するアンケートの結果から疲労のタイプを5つに分類し、それぞれの特徴をまとめました。また、疲労の緩和方法として睡眠の次に多く行われている「入浴」について、タイプ別に疲労の予防・緩和に効果的な入浴法を提案します。

※1 東京ガス都市生活研究所は、1986年に社内シンクタンクとして設立されて以来、生活者の立場から食生活や入浴、家事、室内環境など、エネルギー利用に関わる暮らしのあり方を考え、提言することを目的に研究を行っています。
※2 「浴育のすすめ」は東京ガスの登録商標です。(登録第5307196号等)

都市生活レポート 東京ガスの「浴育のすすめTM」『疲労タイプ別おすすめ入浴法 ~毎日元気でいたい、あなたへ~』は、以下の都市生活研究所ホームページよりダウンロードが可能です。
http://www.toshiken.com/report/hot37.html

概要

レポート名

東京ガスの「浴育のすすめTM
『疲労タイプ別おすすめ入浴法 ~毎日元気でいたい、あなたへ~』

内容

■疲労のタイプを5つに分類した。

タイプ 構成比 特徴
仕事頑張りすぎ 6% 20~40代に多い。実際に労働時間も長い人たち。
隠れ疲労 35% 20~30代男性に多い。食事等に気をつかっていない。
疲れ慢性 31% 何となくいつも疲れている人たち。
疲れコントロール 19% 40代以降で多く、既婚者が多い。
疲れ予防 9% 心身ともに健康で、積極的に自己管理している。

■働いている方の疲労の意識と実態

  • 20代~50代の働いている方の約6割が“からだ”も“こころ”も疲れていると感じている。
  • 疲労の要因は、「仕事の量や時間」「職場の人間関係」のほか、複数の要因が影響している。

■疲労の対処方法の実態

  • 実践している疲労の対処方法は1位:睡眠、2位:入浴、3位:テレビを観る。身近で手間のかからない対処方法が行われている。

■疲労の予防・緩和のための入浴方法

  • 肩まで湯船につかる全身浴習慣は、睡眠の質を良くする。良い睡眠を得るために、(1)就寝直前には40℃以上の熱いお湯につかることを避ける、(2)就寝の2~3時間前に40℃10分程度で肩まで湯につかる全身浴を行うと良い。
  • 40℃10分程度の全身浴は、肩こり緩和の効果が期待できる。また、注意力の低下にも40℃10分の全身浴がおすすめ。
  • 朝すっきり目覚めたい方には、全身浴よりもシャワー浴が効果的。また、熱めのシャワーを目に当てることで、眼精疲労の緩和が期待できる。
【入浴による疲労の予防・緩和方法(タイプ別)】

上記の方法はどのタイプにも効果があるが、よりお薦めしたいタイプに、◎、〇を記載した。

■疲労タイプ判定ツール

  • 自分に適した入浴法を選ぶために、簡易的に自分の疲労タイプを知る。
【疲労タイプ判定ツール ~12の質問と判定チャート~】

調査概要

調査方法 インターネット調査
調査時期 2016年1月~2月
調査対象 一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)在住 20歳~59歳 就労者709名
この件に関するお問合せはこちらへ
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]