東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2017年度プレスリリース
プレスリリース
お問い合わせはこちらへ

米国ペンシルベニア州における天然ガス火力発電事業への参画について

東京ガス株式会社
東京ガスアメリカ社
平成29年4月18日

 

東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)100%出資子会社の東京ガスアメリカ社(社長:山下 俊二郎、以下「東京ガスアメリカ」)は、このたび、米国ペンシルベニア州においてエイリス・イーアイエフ・マネージメント*1(以下「エイリス」)が運用しているファンドから天然ガス火力発電所「バーズボロ発電所」(以下「本発電所」)の権益33.33%を取得することとしました。
東京ガスが海外において建設段階から発電事業へ参画するのは初めてとなります。また、米国での発電事業への参画は、2016年10月に発表したニューヨーク州エンパイア発電所に続き、2件目となります。

北米においては、電力需要の増加や環境負荷の小さい天然ガス火力電源の優位性の向上が見込まれています。このたび、エイリスから本発電所の建設・運営をするバーズボロパワーホールディングⅡの権益33.33%を取得する売買契約を締結しました。

本発電所は、ペンシルベニア州バーズボロ町に位置する高いエネルギー効率を持つ最新鋭のタービンを採用した合計出力48.8万kWのガスタービンコンバインドサイクル発電方式の新設の発電所で、2019年度上期の営業運転開始に向けて現在建設中です。運転開始後は、米国最大の電力卸売市場であるPJM*2を通して米国北東部に電力を供給する予定です。

東京ガスグループは、今後も総合エネルギー事業に関わる技術・ノウハウを活かし、北米・東南アジアにおいてエネルギーインフラ構築やお客さまへのエネルギーソリューションの提供などに貢献していくとともに、現地エネルギー会社を含めた様々な会社とのアライアンスなどを通じて、現地におけるバリューチェーン展開にもチャレンジしてまいります。

*1: 米国電力系プライベート・エクイティ・ファンドの運用会社。
*2: ペンシルベニア、ニュージャージー、メリーランド州などを含む米国北東部13州の独立系統運用機関。

バーズボロ発電所における天然ガス火力発電事業の概要

発電所名称 Birdsboro(バーズボロ)発電所
事業会社名 Birdsboro Power Holdings Ⅱ, LLC
所在地 ペンシルベニア州バーズボロ町
資本構成 エイリス社:33.33%
双日株式会社:33.33%
東京ガスアメリカ社:33.33%
発電容量 48.8万kW
発電方式 ガスタービンコンバインドサイクル発電方式
燃料 天然ガス
商業運転開始 2019年度上期

バーズボロ発電所 所在地

東京ガスアメリカの概要

会社名 Tokyo Gas America Ltd.
設立年月 2013年2月
本社所在地 米国テキサス州ヒューストン
社長 山下 俊二郎
設立資本金 100万米ドル
資本構成 東京ガス100%
事業内容 北米新規事業への投資および運営管理

以上

この件に関するお問合せはこちらへ
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]