現在位置:東京ガスTOP > 企業情報 > プレスリリース > 2014年度プレスリリース
プレスリリース
お問い合わせはこちらへ
first

豊洲埠頭地区におけるスマートエネルギーネットワークの構築について

東京ガス株式会社
平成26年7月28日
広報部

 

東京ガス株式会社(代表取締役社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)は、豊洲埠頭地区(東京都江東区)で、熱と電気を効率的に供給する「スマートエネルギーネットワーク」を構築するために、このたび、東京ガス用地開発株式会社(注1)(代表取締役社長:丸山 隆司)が所有する区域4において、スマートエネルギーセンターの建設に着工いたしました。東京ガスが、都市再開発地域で「スマートエネルギーネットワーク」を構築するのは、田町駅東口北地区に続いて2例目となります。

豊洲埠頭地区に構築する「スマートエネルギーネットワーク」においては、エネルギー供給と防災性向上の核となるスマートエネルギーセンターを設立するとともに、情報通信技術(ICT)を活用し、リアルタイムの需要情報などからプラント内の機器などを最適に制御するシステム(SENEMS)を導入することで、豊洲新市場(区域5・6・7)や区域4への効率的なエネルギー(熱と電気)供給を計画しています。

東京ガスは、こうした「スマートエネルギーネットワーク」を構築することで、「スマートエネルギーネットワーク」を構築しない場合(注2)に比べて、CO2排出量を約4~5割削減するとともに、地域のエネルギーセキュリティの向上を目指します。
具体的には、着工したスマートエネルギーセンターに、火力平均発電効率を上回る大型高効率ガスエンジンコージェネレーションシステム(7MW級)や、ガスの供給圧力を利用して発電を行うガス圧力差発電を導入することで環境性の向上を図ります。また、コージェネレーションシステムにブラックアウトスタート(BOS)仕様(注3)を採用、電力の自営線(注4)を敷設、災害に強い中圧ガス導管を活用し、停電時においても熱と電気の供給継続を可能とすることで、地域の防災性の向上を図ります。

図1 スマートエネルギーセンターのロケーションと熱供給計画エリア

東京ガスは、「2020ビジョン」においてエネルギーを賢く使う「スマート化」の推進を掲げており、豊洲埠頭地区において「スマートエネルギーネットワーク」を構築することで、これまで以上に環境性に優れ、防災に強いまちづくりに貢献してまいります。

なお、本計画はその先進性が認められ、国土交通省の補助事業「住宅・建築物省CO2先導事業」、「先導的都市環境形成促進事業費補助金」、環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(先導的「低炭素・循環・自然共生」地域創出事業のうちグリーンプランパートナーシップ事業)」に採択されています。

(注1) 東京ガスの100%子会社
(注2) コージェネレーションシステムを導入せず、区域ごとに系統電力と導入した冷凍機などで、必要なエネルギー(電気と熱)をまかなった場合
(注3) 停電の状態で発電機を自立起動させる機能
(注4) 事業者が独自に敷設する電線。系統電力が停電しても需要家の判断にて使用が可能

豊洲埠頭地区におけるスマートエネルギーネットワークの概要

(1)まちづくりの方針概要

東京ガス用地開発(株)は、豊洲埠頭地区の保有地(計約20ヘクタール)を核として、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催後も見据えて、長期的な視点で未来志向のまちづくりに取組み、地区の魅力や価値向上に資する質の高い開発を継続的に進めてまいります。
開発の方向性としては、都市計画の方針等に沿って、業務、商業、住宅、文化など多様な機能が調和した賑わいのある魅力的な複合市街地の形成を図り、地区の環境や景観にも配慮したバランスの取れた開発を推進してまいります。
まちづくりのコンセプトは、22世紀にも通じる発展性のあるまちづくりを目指す志をこめて、「Tokyo Smart City TOYOSU22」と題し、スマートエネルギーをはじめとして、以下の3つのスマートが響き合うまちづくりを目指してまいります。

スマートエネルギー スマートエネルギーネットワークを構築し、環境負荷の低減とエネルギーセキュリティの向上を実現。
スマートグリーン 水と緑に囲まれた街並みとそれを生かしたライフスタイルやワークスタイルを創造。
スマートコミュニティ エリアマネジメントによる地域に根ざしたコミュニティを形成することで、安全・安心や地域の賑わいを実現。

具体的な開発計画については、現在、検討中であり、今後、検討の進展状況に応じて、適宜公表していく予定です。

(2)まちづくりの進展に合わせた段階的なネットワークの構築

スマートエネルギーセンター竣工後、区域4、区域2のまちづくりの進展に応じて熱と電気のエネルギーネットワークの拡張を計画しています。

(3)採用する先進的な技術

(1) 大型高効率ガスエンジンコージェネレーションシステムによる電力の自営線供給
世界最高水準の高効率ガスエンジンコージェネレーションシステムを採用し、電力は市場へ供給、廃熱はスマートエネルギーセンターにて活用します。自営線により電気を供給するため、系統電源が停電しても電気の供給が可能となります。
図2 ガスエンジン発電機
(2) ガス圧力差発電システムの採用
中圧Aから中圧Bへ減圧する際の都市ガスの流れで、タービンを回転させ発電するシステムを採用、発電と同時に発生した冷熱は、エリアへの供給に活用します。
(3) 需要家情報を活用した制御(SENEMS)(注5)
リアルタイムの熱需要情報や、需要家側のイベント情報、気象情報、曜日特性などから、スマートエネルギーセンター内の冷凍機の稼働台数や冷水の送水用ポンプの動力などを最適制御します。また、集積した情報を「見える化」することで、お客さまの環境意識の醸成に貢献します。
  (注5)Smart Energy Network Energy Management System
図3 ガス圧力差発電イメージ図

(4)スマートエネルギーセンター概要

項目 内容
(1)予定工期 (着工)平成26年7月~(竣工)平成28年5月
(2)敷地面積 約7,400m2
(3)建築面積 約3,000m2
(4)延床面積 約11,400m2
(5)高さ 約42m
(6)階数 地下1階、地上5階
(7)エネルギー供給設備 ・ガスエンジンコージェネレーションシステム(7MW級)
・ガス圧力差発電システム(発電 約650kW 冷熱 約200RT)
・冷房設備(まちづくり最終期 約10,000 RT)
図4 スマートエネルギーセンターのシステムフロー概要図
図5 スマートエネルギーセンター外観イメージ図

(5)スマートエネルギーセンター建設工事推進体制

1. 建築工事

発注 東京ガス用地開発株式会社
デザイン監修 株式会社内藤廣建築設計事務所
設計監理 豊洲DHC設計共同企業体/豊洲DHC監理共同企業体
(株式会社梓設計、株式会社日建設計、株式会社日本設計)
施工 株式会社竹中工務店
オーナーズコンサルタント 東京ガス都市開発株式会社

2. エネルギー供給設備工事

発注 東京ガス株式会社
コンストラクションマネジメント 株式会社エネルギーアドバンス
設計・技術コンサルタント 豊洲DHC設計共同企業体/豊洲DHC監理共同企業体
(株式会社梓設計、株式会社日建設計、株式会社日本設計)
プラント設備施工 新菱冷熱工業株式会社
洞道施工 清水建設株式会社
熱導管施工 JFEエンジニアリング株式会社
ガス圧力差発電施工 東京ガス・エンジニアリング株式会社
この件に関するお問合せはこちらへ
はじめへ
[ プレスリリース一覧に戻る ] | [ ひとつ前に戻る ]