証券コード:9531
株主・投資家の皆さまへ

東京ガスをもっと理解するキーワード

原油価格と為替は業績にどう影響するの?

長期的に見れば、経営に与える影響はニュートラル

長期的に見ると?⇒経営に与える影響はニュートラルです。
原料費の変動は原料費調整制度により、原油価格や為替といった外部要因による原料費の変動をガス料金に反映する仕組みがあります。
そのため、長期的に見れば経営に与える影響はニュートラルです。
年度で見ると?⇒原料費の支払いタイミングとガス料金の回収タイミングが年度をまたぐと収支に影響します。
原料費の変動は原料費調整制度により、原油価格や為替といった外部要因による原料費の変動をガス料金に反映する仕組みがあります。
そのため、長期的に見れば経営に与える影響はニュートラルです。

なお、単年度で受ける原油・為替への収支影響は下記の通りです。

2011年3月期の収支に与える影響の試算

為替 1円/ドル 円安 ▲14億円
原油価格 1ドル/バレル 原油高 ▲7億円

※2013年4月26日時点の通年影響額見通し

どうして原油価格と為替が影響するの?

原油価格と為替は当社の原料費の輸入代金を変化させる要因です。
・・・なぜなら
  • ・ 都市ガスの主原料であるLNGは、海外から輸入しており、ドル建ての売買契約となっているため、為替が原料費の変動要因となります。
  • ・ 原油価格の変動は数ヵ月後にLNG価格に反映されるので、原油価格は原料費の支払額に影響します。

このページの先頭へ

月次ガス販売量・ガス料金調整

  • 月次ガス販売量
  • ガス料金調整

閉じる