証券コード:9531
株主・投資家の皆さまへ

東京ガスってどんな会社?

環境にやさしい天然ガス

都市ガスの主原料は天然ガス。環境性と供給安定性に優れています。

  • 天然ガスの環境性と供給安定性
  • お客さま先での環境性

環境性 / 商品は環境にやさしい天然ガス

天然ガスは、他の化石燃料に比べ燃焼時の二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NO2)の排出量が小さく、硫黄酸化物(SO4)を排出しない極めて環境負荷の小さいエネルギーです。
天然ガスの環境性

天然ガスの需要予想

国際エネルギー機関IEAによると、世界の天然ガス需要の見通しは、2010年から2035年にかけて約50%の増加が見込まれています。日本のエネルギー需要の見通しについても、石炭・石油といった他の化石燃料は減少が見込まれる一方で、天然ガスは増加し、2030年時点で石炭需要を上回ると予想されています。

日本のエネルギー需要見通し

ライフサイクルCO2からみた優位性

化石燃料からの温室効果ガス排出量では、燃焼時だけでなく、採掘から加工・輸送等の各段階の排出量を含めたライフサイクルでの評価が重要です。このライフサイクル評価でも、天然ガスは化石燃料の中で最もCO2の排出量が少ないエネルギーです。

都市ガスを100としたHHV基準

※都市ガスを100としたHHV(高位発熱量:燃料を燃焼させた時の水蒸気の凝縮潜熱を含めた発熱量)基準

出典:「エネルギー・資源」2007年3月

供給安定性 / 世界に広く分布し、供給安定性にも優れています

都市ガスの主原料は天然ガスです。天然ガスは世界に広く分布する天然ガス田で採掘され、マイナス162oCまで冷却・液化されてLNG(液化天然ガス)として日本に輸出されます。液化することで体積が600分の1になり、タンカーでの大量輸送が可能になります。東京ガスは、東南アジア、オーストラリア、中東などLNG調達先を多様化し、リスクを分散するとともに安定的な調達を実現しています。
東京ガスのLNG調達先(長期契約分)

このページの先頭へ

月次ガス販売量・ガス料金調整

  • 月次ガス販売量
  • ガス料金調整

閉じる