証券コード:9531
株主・投資家の皆さまへ

東京ガスってどんな会社?

当社のあゆみとお客様数

お客さまの快適な暮らしと日本の産業を支えて120余年

経営理念
東京ガスグループは、天然ガスを中心とした「エネルギーフロンティア企業グループ」として、「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献し、お客さま、株主の皆さま、社会から常に信頼を得て発展し続けていく。
  • 石炭・石油時代
  • 天然ガスの導入・普及
  • 自由化の進展
  • 総合エネルギー事業
  • 東京ガスの誕生(1885年)横浜に最初のガス灯がともってから13年後の1885年、東京ガス株式会社の前身である東京瓦斯会社が創立されました。お客さま件数343件からのスタートでした。
  • 1955年100万件突破
  • かつては石炭からガスが作られていました。
  • 天然ガス転換プロジェクト(1971~1988年)日本で最初に都市ガスの原料としてLNG(液化天然ガス)を導入。17年間にわたり延べ750万人の社員が従事し、天然ガス転換プロジェクトを完了しました。
  • 1974年500万件突破
  • 1998年扇島工場、営業運転開始扇島工場は、首都圏西部への都市ガス供給を目的に最新技術を 駆使して建設されました。根岸・袖ヶ浦両工場と併せて3工場による磐石な安定供給体制を確立しました。
  • 袖ヶ浦工場内に建設された東京ガスベイパワーの発電所当社グループは「総合エネルギー事業」の確立に向けてガス事業との相乗効果(シナジー)を最大限に追求しながら電力事業を展開しています。
  • 家庭用燃料電池、世界初の市場投入(2005年)2005年、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを世界に先駆けて市場投入。未来のエネルギー社会に向けて新たなスタートを切りました。
  • 2007年1,000万件突破
  • 天然ガスの高度利用促進当社グループは天然ガスをコアとしたガス・電力などのマルチエネルギー供給と、お客さまにご満足いただけるソリューションをワンストップで提供するエネルギーサービスを軸とした「総合エネルギー事業」を展開し、持続的に成長していく強靭な企業グループとして発展し続けることを目指しています。
  • 蟹型ストーブ(1930年代)
  • ガスかまど(1950年代)
  • 湯沸器(1950年代)
  • ガス炊飯器(1950年代)
  • ガスファンヒーター(1980年代)
  • 床暖房(1990年代)
  • ピピッとコンロ(2002年~)
  • 家庭用燃料電池エネファーム(2009年~一般販売開始)

このページの先頭へ

月次ガス販売量・ガス料金調整

  • 月次ガス販売量
  • ガス料金調整

閉じる